個人サークル-廿世-ニジュウセイの本人公認のどうでもいいサイトです。

-廿世-ニジュウセイ

幽明櫻告知とかとか | main | C77新刊『恋獄の国のアリス』制作秘話
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
色情盲カムパネルラ製作秘話
直接飛んでこられた方はとりあえずTOPの方をご覧ください。

というわけで僕、脱(ry
2月も一度も記事かいてないじゃないかよ……やばいよ……存在がやばいよ……。
今回は書きたいお話を6,70ページくらいのSSにまとめるか、とかなんとか思っていたのですが、結局ガッツリ書いてしまっている自分が居た……。
どうして212ページもあるんだよ……。
かろうじて割引がきいたけど、印刷代高けえよ……!!!!!!
相変わらず入稿は締め切りギリギリだし、大爆笑です……。(挨拶
こんばんは、どらんこです。


廿世がお送りする、全然ライトじゃない東方小説本は例大祭7で4冊目です。
今度の本は、今までの本に輪をかけたようにライトじゃないです。
(というより、工房くらいのときから全然ラノベを読まなくなってしまったので、ラノベのノリというのが分からないだけという説も――)
どういうノリかってなら、森奈津子と石田衣良を足して二で割ったような感じだ!!余計分かりにくいわ!!!どうでもいいね!!


マンガ『恋獄の国のアリス』と多少リンクさせながら、今回の本を書かせていただきました。
(恋獄~のアリスが登場するなど)
212ページですが、プロットを見てみると、当初予定していた三分の一くらいしか書けませんでした。――ということは、全て書くと700ページくらいになる計算だとっ?!一冊になんて無理だろ!!終クロ張りの厚さじゃないか!!
じゃあ残りの三分の二が続き物――かというとそういうわけでもなく、軽くリンクしているくらいなもので、一話一話は殆ど独立しています。
その中の二話分を収録させていただきました。




・憂月抄
儚月抄にかけたタイトルで実際、綿月姉妹が登場するなどそこはかとなく儚月抄チックです。
ただ、その話とは全く異なる物語になります。いわるゆ官能的な表現はそうとうに抑えたつもりですので、久々の一般向け小説(2年3ヶ月ぶりくらい)です。
憂、という文字を用いたのは儚いというより鬱い内容だからです。

もともと永琳は月で臨床薬理学の研究に従事していて――みたいな書き出し、というか設定から家庭教師として蓬莱山輝夜の元を訪れることになります。そこで、永琳は蓬莱山家に代々伝わる家宝である蓬莱の玉の枝が、不老不死の薬の素材のひとつになっていることを突きとめ――という具合です。
似非かもしれませんが、廿世本には珍しい戦闘シーンかなんかもあったりして、別のアプローチからドキドキワクワクを詰め込んでみる……テスト。
前作のPatheticLoveよりは完成度の高いのが書けたとは思っています。
(ただ、日本語おかしくね?ってところがあるかもしれません――推敲で消せるだけ消したつもりではありますが、一人での仕事はマジ限界だwww)


・Melancholia
メランコリーというのはそもそも、憂鬱という意味合いがあることはよく知れ渡っておりますが、学術面では人間の性格の一部として認識されております。
つまるところ、メディスン・メランコリーはメランコリーな性格をしているんじゃね?という妄想から生まれた、著者の趣味全開の色情と性欲の物語。
ググってみると、村上龍が同じタイトルでこれもまたやはり色情と性欲の話を書いておりまして、なんというか微妙なシンクロ感に苦笑い。

メディスンとくっついたり離れたり、アリスを憎んだり変体女と思ったり、とにかくずっと幽香の心境を追う話なので、それなりに感情移入しやすいかと……。幽香と一緒に、恋のつらさを分かち合いましょう。
ちなみに、憂月抄より書きたかったのはこちらで、まぁ、その……うん。いろいろ盛り込んだのですよ!(爆)



ちなみに、二話ともスペルカードとか、弾幕とか、~程度の能力とか、一切出てきません。東方を何も知らない人でも余裕綽々な仕様です。

表紙のてゐちゃんと優曇華院は、もともとこの二人の話を書こうとしていて、脱線しまくったらなかなかいいものが書けた、という無計画万歳ななごりが残っています。
でも表紙詐欺じゃないよ!てゐちゃんも優曇華院も登場するよ!ただ、二人の活躍は、この後につながる話かなぁ……。

というわけで例大祭7、『の-36a』廿世をよろしくお願いします。m(_ _*)mペコリ



拍手レス
拍手レスがムチャクチャ遅れてしまってゴメンナサイ!!
もっとまめにブログ更新すべきですね……!!m(_ _*)mペコリ

1月8日
>>ぴくしぶの~
なんと……!!pixivから飛んでこられたんですかw
そうですね、確かにス●絵師というわけじゃないですねーw
ただ、こう、その辺りは自分でも分からないところで、モチベーションの上がり下がりで突然描きたくなったりそうでなかったりするんです。いや、でもやっぱり好きですよ、すごくww
また機会があれば是非がぜひとも描きたいとも思ってます~(´ω`*)
スポンサーサイト
| 未分類 | 02:20 | トラックバック:2 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://nijusei.blog25.fc2.com/tb.php/42-a7816af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.05.09 Wed 00:20
-
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.11.25 Sun 09:22
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。